テーマ:発見

まちさとミライ塾でぶらコロモ

ここ数日、秋晴れが続いていて、ウォーキングに最適ですよね ウォーキングといえば、もちろん!  『ぶらコロモ』 でしょ 昨日は、まちさとミライ塾2016 (豊田市ならではのまちさとを体験する105のプログラム)の中の95番目 『ボランティアガイドと一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田時間旅行

10月15日号の広報とよたの裏表紙の お茶の間タイムトラベル豊田時間旅行 見られましたか?         これです!  ↓   ↓   ↓ 市の知識・文化を支える「図書館」の歴史・・・ 豊田市の図書館の歴史は 昭和21年挙母町立図書館から始まりました。 当初は年計画事業所内に設置された小さな施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマキムシ発生!

プランターの棉の木にハマキムシがつきました こんな風にきれいにくるくる葉っぱを巻いています ↓   ↓   ↓ どんな虫が入ってるかな~ ちょっと中をめくってみたら・・・ ↓   ↓   ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶらコロモ 路地めぐりにぴったりの季節

朝晩涼しく過ごしやすくなってきましたね ちょっと、街なかを歩いてみませんか? そんな時には、『ぶらコロモ』がお役に立ちますよ 発見館で「ぶらコロモ」と言っていただければ、 ぶらコロモの地図をお渡しします 地図の裏側には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」…黒笹7号窯陶片について

企画展「名誉市民 本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」開催中の発見館ですが、 先日、猿投古窯発掘に携わった岩野見司先生が来館してくださいました 岩野先生は、生前の本多静雄氏とも交流があった方で、色々なお話を伺う中で、 展示中の黒笹7号窯陶片にある「モロワ七」の文字が本多静雄氏の直筆であることが分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田市役所のパワースポット?

先日、豊田市役所へ行った際、 東庁舎と南庁舎をつなぐ渡りの通路を通っていたら・・・ あら?これ・・・ ほら!これ・・・ に見えませんか{%わくわく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオスズメバチの巣が・・・!

発見館の中庭に向かう途中のサツキの生垣の中に・・・ 石がひとつ置いてありますが・・・ その石に・・・穴が・・・  さて、この穴は何でしょう? 実は、先日館内の除草作業に造園業者さんが入られたのですが、 この作業中に、 「この石の下にオオスズメバチが1匹入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蚕ブラシ」とは?

これは何でしょう? 「蚕ブラシ」という刻印があります 拡大 でも「蚕ブラシ」ってなんでしょう? 大きい方は、ワタの繊維を揃える「ハンドカーダ―」にそっくり 「ハンドカーダ―」 「ハンドカーダ―」持ち手側 「ハンドカーダ―」ブラシ拡大 「蚕ブラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のぶらコロモ~路地めぐり編~スタートしました!

7月1日から『夏のぶらコロモ~路地めぐり編~』がスタートしましたよ 車で通ったら気付かない 豊田市駅前周辺の路地を通って 古くから残る挙母の歴史をみたり 昔のくらしを体験できる散策コースです あらっ・・・・こんな所にこんな路地?{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国の天然記念物

先日、長野県に行った折、凄いものを見つけました! 道路に大きな看板が出ていたのが凄く気になって、 Uターンして戻って良かった! 「月瀬の大杉」です 場所は、長野県下伊那郡根羽村の月瀬地区(月瀬神社跡地)にあります 見る角度によって景色が変わります{%わくわく(チカチカ)h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋骨董市

名古屋骨董市に行って来ました。 5月1,2,3日 名古屋市千種区の 吹上ホールで開催されています。 お宝を発掘しに行ったというわけではないのですが 店の人のうんちくや お客さんとの値段交渉を 聞いているだけでもおもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川繊維資料館へ行って来ました!

先日、豊橋市の石川繊維資料館にお邪魔してきました 石川繊維資料館の館長の石川さんには、 発見館開館当時からお世話になり 養蚕のこと、カイコのこと、綿のこと、ガラ紡のこと・・・などなど いろいろと教えていただいています 今回は、ガラ紡の糸のことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土室式稚蚕共同飼育所」をご存知ですか?

「まゆまつり2016~カイコと道具」の準備をしていて、 気になる施設の記述を見つけました 「土室(どむろ)式稚蚕共同飼育所」の記述です ちなみに、稚蚕というのは1~2令のカイコ、つまりカイコの赤ちゃんのことです。 稚蚕の成育は、良いまゆを作るためにとても大切だったため、地域ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見館のみかんの木

発見館の中庭に大きな夏みかんの木があります 暖冬だったからでしょうか? 今年は今までにないほどの豊作なんですよ 濃い緑色の葉の中から、大きな実がこれでもか~!というくらいに実っています 毎年この時期になってくると、1つ・・・また1つ・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西加茂郡立農学校女子室での養蚕風景

西加茂郡立農学校女子室での養蚕風景 大正期 農業・養蚕業を学ぶ様子が写っています。 西加茂郡立農学校は明治39年(1906)5月に設立認可を受け、 猿投村大字花本の民家を仮校舎として開校しました。 明治42年(1909)、高橋村大字寺部に新校舎を建てて移転し、新たに女子部を設けました。 高橋村尋常小学校の卒業生が主とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「家康の遺宝展  ~松平から徳川へ~」

発見館の玄関にポスターも貼っていますが 今 徳川家康400年祭記念事業 平成27年度豊田市郷土資料館特別展 「家康の遺宝展  ~松平から徳川へ~」 が開催されています。 どこで? なんと会場は、豊田市美術館なんです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足助の百年企業「株式会社川村屋」 町おこしから誕生!日月もなか

企画展「とよたの百年企業」開催にあたり、昨秋 豊田市内に残る大正期以前創業の店舗を募集・調査しましたが、 現在、「中馬のおひなさん」で賑わう足助町にも数多く見られたので、紹介します 広瀬重光刃物店(江戸末期)、玉田屋旅館(江戸末期)、井筒亀(明治20年) 村定酒店(明治中期)、スズマン本舗(明治35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臥雲辰致の絵本

ガラ紡機を発明した『臥雲辰致(がうん ときむね)』の絵本を作りました 毎年、春休みのものづくり体験で 『ガラ紡糸のコースター作り』を行います 豊田市内のガラ紡工場で紡いだ糸を使って 卓上の手織り機でコースターを織ってもらうのですが、 ガラ紡の説明をするときに欠かせないのが ガラ紡機を発明した『臥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶらコロモで運気アップ!

1月5日からスタートした『ぶらコロモ~運気アップ編~』も スタートしてから早3週間が過ぎ、100人近い方に参加していただいています 今回は、ぶらコロモの⑨番目に立ち寄ってもらう運気アップポイントを紹介します{%わくわく(チカチカ)hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とよたエコフルタウンからウィングレット

豊田市役所の南側にあるとよたエコフルタウン(元城町3)から ウィングレットに乗って来館者がみえました トヨタ・ウィングレットとは、トヨタ自動車が製作した充電式の1人乗りで 横に2つタイヤのついた二輪車です  あれ?今回来館された方・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカギユミコさんのグループ展

タカギユミコさんが先生をしてみえる GOODIES水彩スケッチ会のグループ展が 昨日から開催されています 開催の案内ハガキをいただいていたので ↓   ↓   ↓  ちょっとお邪魔してきました  タカギユミコさんは・・・ 発見館開館当時から、ちょくちょく来館されて ものづ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本画家の敦木さん

今年、香嵐渓もみじまつりのポスターを目にされた方も多いと思います  赤と黄色を主に水面に映る紅葉が美しく表現されたものです  ↓   ↓   ↓ このポスターを手掛けたのが、日本画家の敦木愛子さんです   先日、中日新聞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のぶらコロモ準備開始!

今、開催中の『ぶらコロモ ~挙母ではじめて編~』も 10月1日からの開始から早2ヶ月がたち、 100名以上の方が参加してくださっています  (挙母ではじめて編は10月1日から12月27日まで開催) で・・・そろそろ、1月から開始の冬バージョンを考え始めなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三河線LE-car

LE-car(エルイーカー)ってご存知ですか? LE-carは ライト・エコノミー・カーの略で またの名をレールバスと言います レールバスは、自動車の普及で電車の存続が困難となった閑散区間線の対策として 電車のレールの上を走るバスです 名鉄にレールバスが導入されたのが、昭和59年(1984) 昭和60年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中馬街道人馬パレードへGO!

11月15日に、とよた市合併10周年 中馬街道人馬パレードが開催されます 伊那街道の難所・・・伊勢神峠をなんと 昔のように馬の背に塩をのせて歩くというイベントです 集合場所はドライブイン伊勢神で、定員200名とのこと 足助ルート、稲武ルートがありますが、稲武ルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正倉院展

奈良の第67回正倉院展に行って来ました。 会期中は無休なので 先週月曜日に出かけたところ それほど大混雑でもなく ゆっくり見ることが出来ました。 鹿ものんびり・・・ 今回も素晴らしい宝物が 数多く出ているのですが 発見館のブログで紹介するのは やはり・・・ 絹物! まず 「七条褐色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

省営バス

省営バスとは 国鉄バスは、日本国有鉄道自動車局が運営していた 自動車事業および路線のことですが 省営バスはその前の 「鉄道省経営」の自動車事業のとことです。 昭和5年(1930)に岡崎~多治見間の運行を始めたのが 最初なのです。 その路線は 挙母を通っていました。 停留所は 現在の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「とよたの百年企業」募集中!

発見館では、現在、「とよたの百年企業」を募集しています 今日は足助のいろは竹工所の取材へ行きました お店の歴史を聞きつつ、写真も接写させていただきました 昭和初期のバイクに乗る二代目の鈴木茂さんの写真 昭和初期の「いろは商店」の前にて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見館開館十周年 準備

発見館が開館したのは 平成17年11月1日でした。 今年の11月で10周年を迎えます。 皆様のおかげです そこで 10年を振り返ってみました。 開館式 鈴木市長、湯浅市議会議長、小田教育委員長がテープカット!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうひとつの名所圖繪

今日はご寄贈いただいた 「高尾山名所圖繪(ずえ)」を紹介します。 名所圖繪といえば 吉田初三郎が有名で このブログでも何度か取り上げました 同じ頃のもので 「日本名所圖繪社」のものも あるんです。 「日本名所圖繪社」は 吉田初三郎が起こした「大正名所図絵社」に参加していた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more