テーマ:企画展

「枝下用水」チラシ案

毎回、企画展直前に悩むことの一つは、チラシをどう作るかです 今回は、「コレ!」という1枚の写真やイメージがすぐに決まらず迷走中 そんな悩みの元、チラシ案を3つ紹介します (印刷会社に依頼する前のものです) 1)現在の受益地と用水で作った案 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田市郷土資料館特別展 「旧家の蔵から  ~足助の町を彩った商人文化~」

現在、陣中の豊田市郷土資料館で 「平成28年度 豊田市郷土資料館特別展 旧家の蔵から  ~足助の町を彩った商人文化~」 が開催されています。 中馬街道で栄えた足助は 愛知県で最初に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。 足助は 様々な商品や人が行きかい 商業だけでなく人や文化の中継点でもありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝下用水顕彰碑 「万世之利」

昨日、豊田市前林町にある枝下用水顕彰碑「万世之利」を訪れました 場所が前林の「水神さん」の敷地にあるという情報しかなかったので、 前林交流館の方に「水神さん」の場所をお聞きして、やっとたどり着きました 向かって、左が「万世之利」の石碑、中央が水神さん、右が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝下用水 籠川サイフォン

12月からの企画展取材のため、 枝下用水が籠川の下をくぐる「籠川サイフォン」(豊田市四郷町)を見学しました 写真の水門の向こうに、サイフォンの入口があります。 1枚目の写真を少し下がって撮影。 写真の右手が籠川になります。 「籠川サイフォン」手前の水門を、逆側から撮影。 枝下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」より 「彷徨」屏風

7月26日にはじまった企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」ですが、 明日、10月2日(日)で終了となります。 今日は、本多静雄さん、白寿(99歳)の書、「彷徨」屏風を紹介します 「彷徨」とは、さまようことを意味し、本多静雄さんが好んだ言葉です。 本多さんは、著作に『民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見館の絵本

これは発見館の絵本です。 A3の用紙を8つに折って、A6サイズで8ページの絵本になっています。 企画展や常設展示の内容を 子供にも分かりやすく解説した絵本です。 「名誉市民ってどんなひと? 本多静雄」 「知ってた?絹糸ってカイコが作るんだって!」 「われらの飛行機 挙母号」                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見学会「本多静雄をめぐる旅」その2

9月17日(日)に開催した見学会「本多静雄をめぐる旅」の続編です コースは、発見館~黒笹27号窯~みよし市立歴史民俗資料館~民芸館~民芸の森~灰宝神社でした。 この素敵なお茶室はどこにあるかご存知ですか? 豊田市民芸の森内にある茶室「松近亭」です。 豊田市民芸館を後にした一行は、豊田市民芸の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見学会「本多静雄をめぐる旅」その1

9月17日(日)、見学会「本多静雄をめぐる旅」を開催しました コースは、発見館~黒笹27号窯~みよし市立歴史民俗資料館~民芸館~民芸の森です。 本多さんと言えば、NDS株式会社やFM愛知を設立した方として著名ですが、 「猿投山西南麓古窯跡群」の発見と研究の功績により、 豊田の文化の発展に貢献したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」…ギャラリートークを開催しました。

9月10日、企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯」についての ギャラリートークを開催しました この企画展は、民芸の森のOPENを記念して、 郷土の偉人という切り口で「名誉市民 本多静雄」の生涯を紹介するのを目的として開催しました。 (ちなみに、民芸館では「本多静雄コレクション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見館のスタンプラリー

「2016夏休み博物館めぐり~ものづくりと歴史を体験しよう!~」が終了しました。 今年も多くの皆さんにご来館いただき、ありがとうございました この企画は、関係する6つの博物館を巡るスタンプラリーも同時に行っており、 それぞれの館で素敵なプレゼントを用意していました。 発見館は、オリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」より・・・中国の椅子

企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯」より、 展示中の「中国の椅子」を紹介します この椅子は、昭和59年(1984)に本多静雄が中国の揚子江旅行の際、 立ち寄った高齢者福祉施設で譲り受けた椅子です。 もう一脚あります。こちらの方が黒光りして古いもののようです。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」…平戸橋で電話交換開始

今日は、企画展「名誉市民 本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」の展示資料から、 平戸橋付近の「街灯見取図」と「安城館電信柱図面」を紹介します 「安城館電信柱図面」  「街灯見取図」 これらの資料は、本多静雄旧宅に遺されていたもので、民芸館所蔵の資料です。 色も鮮やかに残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」…黒笹7号窯陶片について

企画展「名誉市民 本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」開催中の発見館ですが、 先日、猿投古窯発掘に携わった岩野見司先生が来館してくださいました 岩野先生は、生前の本多静雄氏とも交流があった方で、色々なお話を伺う中で、 展示中の黒笹7号窯陶片にある「モロワ七」の文字が本多静雄氏の直筆であることが分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」…“青年期の本多静雄家族写真”寄贈

企画展「名誉市民 本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」開催中の発見館ですが、 本多静雄関連資料として、写真の寄贈がありました。 青年期の本多静雄家族写真  大正~昭和初期 後列、左から秋五(弟)、静雄、義雄(弟)、前列、左からはな(妹)、松三郎(父)、鋼治(兄)です。 企画展では、14歳の静雄 静雄(京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展クイズ「名誉市民 本多静雄」

企画展「名誉市民 本多静雄」の展示に合わせて クイズを作りました。 「本多静雄」を展示している第二展示室に置いています。 ちょっとひっかけ問題もあったりしますが 「→ヒント:パネル展示2を見てね」 など小学生にもわかるように 工夫しました。 本多静雄さんに親しんでもらえる 内容にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンオリンピック写真電送実験

連日、リオオリンピックで盛り上がっていますが、こちらの写真をご覧ください 80年前のオリンピック、「ベルリンオリンピック大会開会式」写真(東京朝日新聞昭和11年8月2日) です 現在、開催中の企画展「名誉市民本多静雄」で展示中の1枚です。 現在の豊田市花本町出身だった本多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見学会の下見に行って来ました

9月17日(土)に「名誉市民 本多静雄をめぐる旅」と題して見学会を開催します。 今回は、その下見に行って来ました。 まず初めに、「猿投古窯 黒笹27号窯」です。 ここでは、みよし市立歴史民俗資料館の方に説明をしていただく予定です。 その後、みよし市立歴史民俗資料館を見学します。 ここには、こんな豊田市ゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民芸館特別展「名誉市民 本多静雄コレクション」へ行って来ました!

豊田市美術館ギャラリーで開催中の 民芸館特別展「名誉市民 本多静雄コレクション」へ行って来ました チラシ表紙の「本多静雄百寿翁像」杉本健吉画も展示しています。 チラシ裏面 古瀬戸 灰釉菊花紋瓶子、円空仏をはじめ、 常滑壺、渥美壺も展示されています{%キラキラwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」スタート!

本日より、企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」が始まりました 現在、民芸館が豊田市美術館ギャラリーで、本多静雄コレクション展を開催していますが、 発見館での展示は「郷土の偉人」として、本多さんの生涯を取り上げました。 技術者としての本多さんがあり、茶陶、民芸との出会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本多静雄さんの絵本

今月26日(火)から「名誉市民 本多静雄」の企画展が始まるのに合わせて、 以前、ブログで紹介した絵本も完成しました 本多さんがどのように猿投古窯を発見したか、猿投古窯の発見がどういう意味があるのかを わかりやすく読めるようになっています どのように人物を描くかも、検討に検討を重ねましたが、 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスターを貼りに豊田市役所へ!

もうすぐ「本多静雄」の企画展が始まります! その準備として、 豊田市役所の西庁舎のエレベーターホール前の掲示板に 企画展のポスターを貼りに行って来ました! まず、西庁舎は8階建! 8階の掲示板から順に 空いているスペースはないか? 掲示期間の過ぎているポスターはないか? 確認をして回ります! もちろん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展準備「パネル配置」

今日は、朝一番でパネルの配置を確認しました。 たて、ヨコのサイズは、きちんと収まるのか? 見やすいレイアウトになるよう微調整して、記録しておきます。 出し忘れたパネルはないか? また、壁面のどのあたりに設置するか? など大まかな確認をし、当日に備えます。 後の更なるツメは、展示替え当日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒笹27号窯

本多静雄さんが“発見”した窯跡ってどんなだったかな? 実際にそれを感じたくて、みよし市をぶらり 平安時代の猿投窯「黒笹27号窯」が 愛知県トラック協会の敷地に残っているということなので行ってみました トラック協会の建物が工事中なので、少し迷いましたが、看板を便りに無事到着 千年以上前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展の追い込み中

今日は、企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」の追い込み中です。 パンフレットの校正も、2校を終え 最終校は19日です。 今日はひたすら、パネル・キャプションを打ち出しています。 企画展は7月26日からスタートです。 もう一息、頑張ります お楽しみに{%キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まゆまつり2016~カイコと道具~」最終日

4月26日にスタートした「まゆまつり2016~カイコと道具~」ですが、 あっという間に最終日となりました。 今日、来館できる方は、是非来ていただきたいのですが、 ご無理な方は、今回作成した「まゆまつり2016~カイコと道具~」パンフレットを発見館で配布しておりますので、 お時間のある時にお立ち寄りくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チラシとポスターの発送準備

次の企画展は、7月26日(火)から、 テーマは「名誉市民 本多静雄 ~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」 今日は、そのチラシとポスターの発送準備で封筒詰めです。 ここで、封筒詰め前のひと手間、 チラシは、枚数を数える機械で10枚ごとに間紙を! これで作業効率バッチリ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」ポスター・チラシの校正中

まゆまつり2016開催中の発見館ですが、 次の企画展「本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」に向けてポスター・チラシの校正をしています チラシの表面 発見館の館名を大きくすれば完成! チラシ裏面 文や文字の直しが多いので、修正後の確認をしっかり頑張ります{%ふつうの顔webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本多静雄 絵本

次回の企画展「名誉市民 本多静雄」で、本多さんのことがわかりやすく読める絵本を作ってます 職場体験に来てくれていた中学生も、折るのを手伝ってくれたこの絵本、イラストと簡単な文章でわかりやすくいろんなことを書いてますので、入門編としておすすめしています。 開いたら、こんなかんじ。 これは以前、シルク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆ花のメッセージボード

まゆまつり企画展関連講座「まゆ花のメッセージボード」を 先週の土日に行いました 色まゆを使って花をつくります まゆは剥ぐと何層にもめくれてくるので グラデーションが出来て、組み合わせると とても優しいかわいい色合いの花が出来ます その花でメッセージカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まゆまつりが、新聞に掲載されました!

「まゆまつり2016~カイコと道具~」が、中日新聞に掲載されました! 今日までに中日新聞を含め、3社の取材がありました。 記事は発見館で保管しております 中日さんは「養蚕業の歴史知って」という見出しで掲載。 5月27日の朝刊に掲載していただいた後、新聞効果か? 問い合わせをしてから来館された方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more