企画展「まゆまつり2015 加茂蚕糸~繭から糸へ~」開催中!

企画展「まゆまつり2015 加茂蚕糸~繭から糸へ~」が
4月28日火曜日にスタートしました

今日は、展示風景を大まかに記録しておきます。

第1展示室の入口を入ると
加茂蚕糸で実際に使用された括締め機が出迎えてくれます。
画像

右に展示している長手括締機は今回初めての展示となります

加茂蚕糸の概要
画像


そして、今回のメインテーマ は
加茂蚕糸(製糸工場)でどのように「繭から糸へ」していたのか
画像


テーマに関連する資料を写真・パネルとともに展示しています。
画像

今回初めて展示する写真パネルもありますよ。

養蚕コーナーでは、
加茂蚕糸へ納入する繭を育てた「養蚕農家」が使用した道具が並びます。
画像


養蚕コーナーの奥にある大金庫もお見逃しなく
画像


そして、学習室には生きたカイコを展示しています。
画像

5月4日現在、原種の黄繭100頭ほど、春嶺鐘月という品種のカイコを200~300頭飼育しています。
また、本日中でしたら淡黒産(たんこくさん:原種の黄繭)の営繭の様子が観察できます。

そして、よっちゃん作の簡単な装置で、繭から糸を引き出す体験もできます
画像


展示点数は、加茂蚕糸資料で31点、パネルで44点 計75点
養蚕関係は、資料が30点、パネルで21点 計51点
両方合わせると126点ほどになります。

車のまちになる前の、養蚕・製糸の歴史を
多くの方に知ってほしいきょんでした

"企画展「まゆまつり2015 加茂蚕糸~繭から糸へ~」開催中!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント