企画展「本多静雄」より 「彷徨」屏風

7月26日にはじまった企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」ですが、 明日、10月2日(日)で終了となります。 今日は、本多静雄さん、白寿(99歳)の書、「彷徨」屏風を紹介します 「彷徨」とは、さまようことを意味し、本多静雄さんが好んだ言葉です。 本多さんは、著作に『民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more