まちさとミライ塾でぶらコロモ

ここ数日、秋晴れが続いていて、ウォーキングに最適ですよね ウォーキングといえば、もちろん!  『ぶらコロモ』 でしょ 昨日は、まちさとミライ塾2016 (豊田市ならではのまちさとを体験する105のプログラム)の中の95番目 『ボランティアガイドと一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正時代の古銭

古銭シリーズ その3 大正時代の古銭を3枚紹介します。 「桐1銭青銅貨」 大正9年(1920) 直径2.3cm 銅950 錫40 亜鉛10 量目3,75g 表面の蔓草花文様、裏面の桐紋様が 見にくいのが残念です。 これでもやっと判別できるところまで 拭いたのですが・・・・ 10月20日に明治時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛び込み小学校見学

さる25日(火)、この日は市内の小学校見学が一件予定されていましたが、 約束の時間よりかなり早い時間に外からワイワイかわいい声が聞こえてきて・・・・・おやっ? 市内の小学校ではありませんが、今日は豊田市内の施設をまわっているとのことで、 飛び込み小学校見学~ 課外活動の道中、時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万華鏡準備

冬のものづくり体験の準備中です。 私の担当は万華鏡作り キットがあるので それに和紙を貼り組み立てます。 中身のビーズやスパンコールは 発見館オリジナルの詰め合わせ! 青パターン 赤パターン 緑パターン あと ピンクパターンも考えています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チラシ発送!

本日、「冬のものづくり体験2016」のチラシを発送しました。 発送先は、市内の小学校、こども園などです。 今年のメニューは、 11月15日から、 折り紙やまゆを使って、かわいい「お正月飾り」を作ろう! (500円) 12月1日から、 来年の干支(酉)の「えと絵馬」を作ろう!{%キラキラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大沼小学校3年生が来館

今日は大沼小学校3年生が、古い道具の学習のため来館しました 第1展示室でVTRを観た後、養蚕について、実際にまゆの匂いを嗅いだりして学習したあと、 ガラ紡機(写真)が実際に動くのを見学しました。 ガラ紡に関しては、手回しガラ紡機や、綿くり機も実際に体験しました 自由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「枝下用水」チラシ案

毎回、企画展直前に悩むことの一つは、チラシをどう作るかです 今回は、「コレ!」という1枚の写真やイメージがすぐに決まらず迷走中 そんな悩みの元、チラシ案を3つ紹介します (印刷会社に依頼する前のものです) 1)現在の受益地と用水で作った案 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燻蒸作業

おや、台車にたくさん荷物を載せて、夜逃げならぬ昼逃げか? 10月18日(火)・19日(水)と臨時休館させていただき、収蔵庫の燻蒸作業をさせていただいておりました。 実は、写真は燻蒸作業に入る前の、えっさほいさの資料運びの様子なのです。 燻蒸とは、資料を虫やカビなどから守るため、薬剤を館内に充満させることです。 燻蒸作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古銭の展示 その2

10月9日のブログに続いて 古銭の展示の紹介です。 今日は明治の銅貨です。 と言いながら いきなり「銀貨」です。 竜10銭銀貨 明治18年(1885)の一枚です。 直径1.8cm 銀800 銅200の割合で作られています。 やはりぬきんでてキラキラしています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田時間旅行

10月15日号の広報とよたの裏表紙の お茶の間タイムトラベル豊田時間旅行 見られましたか?         これです!  ↓   ↓   ↓ 市の知識・文化を支える「図書館」の歴史・・・ 豊田市の図書館の歴史は 昭和21年挙母町立図書館から始まりました。 当初は年計画事業所内に設置された小さな施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挙母祭り!

雲一つない祭り日和、発見館にも青空がいっぱいです 今日が試楽、明日が本楽、いよいよ挙母祭りのスタート 午前9時半頃、発見館の前に喜多町の皆さんが、 子ども達も頑張って山車を曳いています ワッショイ、ワッショイ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊田市郷土資料館特別展 「旧家の蔵から  ~足助の町を彩った商人文化~」

現在、陣中の豊田市郷土資料館で 「平成28年度 豊田市郷土資料館特別展 旧家の蔵から  ~足助の町を彩った商人文化~」 が開催されています。 中馬街道で栄えた足助は 愛知県で最初に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。 足助は 様々な商品や人が行きかい 商業だけでなく人や文化の中継点でもありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマキムシ発生!

プランターの棉の木にハマキムシがつきました こんな風にきれいにくるくる葉っぱを巻いています ↓   ↓   ↓ どんな虫が入ってるかな~ ちょっと中をめくってみたら・・・ ↓   ↓   ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝下用水顕彰碑 「万世之利」

昨日、豊田市前林町にある枝下用水顕彰碑「万世之利」を訪れました 場所が前林の「水神さん」の敷地にあるという情報しかなかったので、 前林交流館の方に「水神さん」の場所をお聞きして、やっとたどり着きました 向かって、左が「万世之利」の石碑、中央が水神さん、右が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑の木の剪定

ここは発見館の中庭です。 毎年、5~7月の間はカイコの餌で桑の葉をいっぱい摘むので、 桑の木も程よい大きさなんだけど、 その時期が終わると、桑の木が伸び放題 (奥の高い木は夏みかんの木です。) で、バッサバッサと枝を切り、裏庭の花壇に山積みに、 切り終わった後は、こんな感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古銭の展示  

第二展示室に 古銭の展示をしています。 今日はその中から 江戸時代の古銭を3種ご紹介します。 寛永通宝 江戸時代の古銭で一番有名かもしれませんね 三代将軍家光の時代 寛永3年(1626)に水戸の豪商佐藤新助によって 幕許私鋳で造られたのが 始まりといわれます。 その後公鋳となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝下用水 籠川サイフォン

12月からの企画展取材のため、 枝下用水が籠川の下をくぐる「籠川サイフォン」(豊田市四郷町)を見学しました 写真の水門の向こうに、サイフォンの入口があります。 1枚目の写真を少し下がって撮影。 写真の右手が籠川になります。 「籠川サイフォン」手前の水門を、逆側から撮影。 枝下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えと絵馬 2017

今日は、えと絵馬 2017より、 子孫繁栄バージョンのひよこのつくり方です! まず、以下のまゆの材料から、ひよこのはねとくちばしを切ります。 これを、ボンドでつけてひよこの顔をつくります。 目は油性ペンで描きます。 次に、白いまゆの4分の1を、ギザギザとたまごのからの形に切ります。 これをふたつつくります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことりの折紙見本

ことりの折り紙見本をつくりました 足を折ったらちゃんと立つんですよ (「ママと一緒におりがみ遊び百科」の小鳥より) むずかしそうに見えますが、折り方はとっても簡単なんですよ 発見館の学習室の折り紙コーナーに 折り方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんな掛け

これまでにも何度か登場している発見館の「手回しガラ紡機」です。 今回は、上部にある糸を巻き取るリールが回りにくくなってしまいました。 よく見ると、横方向のすき間がほとんど無くなっています。 左右から押えている木を取り外して、 少し削ろうと思います。 そこで、かんな掛けに挑戦です{%びっくり1webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根川小学校 見学

今日は、根川小学校の3年生が見学にきてくれました~ 午前中は、郷土資料館で昔の道具の体験をしてきたそうで、午後は発見館で 「とよたのちょっとむかし」にタイムスリップ! 大正や、昭和の地図を見て、まちなかがどのように変わってきたのかを見て・・・ 一面 桑畑だった駅前の写真などから、いか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三河線廃線区間

三河線の廃線区間を今もずっと記録に残してみえる 元駅長さんのNさんが、 最新作の『三河線廃線区間』の写真を収めたファイルを届けてくれました 今回は、山線(猿投駅-西中金駅)側の駅舎や線路が 現在はこんな風に変わっているよと 変わり行く廃線跡 『三河線廃線区間』山線と題して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「本多静雄」より 「彷徨」屏風

7月26日にはじまった企画展「名誉市民本多静雄~民芸と陶磁を愛した技術者の生涯~」ですが、 明日、10月2日(日)で終了となります。 今日は、本多静雄さん、白寿(99歳)の書、「彷徨」屏風を紹介します 「彷徨」とは、さまようことを意味し、本多静雄さんが好んだ言葉です。 本多さんは、著作に『民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more