ナナオラ?

現在第二展示室くらしのコーナーでは
真空管ラジオを展示しています。
画像



トランジスタラジオと並べると
時代の変遷がわかります。
画像


裏面をあけると
真空管がみえますね
画像



このラジオ
メーカー名が「ナナオラ」と書いています。
画像



「ナナオラ50型
受信可能周波数
550-1500キロサイクル

放送受信機
付属変圧器規格」


などが読み取れますが
剥げていて読めない字も多く
ナナオラって?
と思っていました。


いろいろ調べたところ



(大正14年(1924)に東京で設立された、
合名会社七欧商会を皮切りに
変遷を重ねた国産音響メーカーであったことが
分かりました。


ラジオの表記には
「株式会社 七欧無線電気商会」
となっているので
1928年頃の社名だと思われます。



1957年にオンキヨーなどと共に
東芝グループに入っています。


少し昔の電機メーカーの
変遷をたづるのも
資料に対する理解を深める
大事な仕事です。


<シルク>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック